COLUMN

YOGA豆知識

108回の理由

 

年末にLHASAでも行われている

「太陽礼拝108回」

なぜ108回なの?どうして年末に行うの?をご紹介します♪

 

「108回の理由」

宗派によって諸説あるとされていますが、

仏教における108とは、

嘘・惑い・妄想など人は生まれながらに持ち

生まれ変わるたびに1つ1つ学び、そして手放すと言い伝えられています。

その為、人は108回の生まれ変わりがあると考えられています。

 

 

年末といえば、除夜の鐘!

1鐘の音に耳を傾け、煩悩を一つずつ浄化していく

108という数字は、「煩悩の数」人が生まれながらに持つ欲の数と言われていますよね。

 

「そもそも、なぜ煩悩は108なのか?」

煩悩とは、欲望・怒り・妬み・強欲・愛欲や愚痴など、迷いや苦しみの原因となる心の働き。

私たちの認識能力「眼・耳・鼻・舌・身・意」の6つ。五感と「意」は心。

これらが働くことで様々な出会いがあるのですが

その中でも”好き・嫌い・どちらでもよい”の主に3種類の判断を下します。

ここで、6×3=18通りの感覚が生まれます。

さらにこの18に”浄(綺麗)と染(汚い)”の二種を掛けて36通り。

そして、それらは生きていく中で絶えず繰り返され、更新されていきます。

”過去・現在・未来”の3つを掛けて、36×3=108 という一説があります。

 

なんとなく108の意味が分かるような気がしませんか?☆

 

 

時に煩悩は私たちの心を乱し悩ませる心の働き。

前回のコラムでご紹介した “太陽礼拝”

呼吸に合わせて絶えず動き続けられるシークエンスで108回行うことで、自分と向き合い自分の中にあるであろう

「エゴ」を一つずつ浄化していく。

一礼拝ごとに、1ずつ煩悩が浄化されていくと考えられています。

その為、年末に太陽礼拝を108回行うようになったのです!

 

LHASAでの太陽礼拝108回の詳細はこちら!

☀——————☀——————☀

2019年12月30日 (月) 14:00~16:00

太陽礼拝108回(常温)

担当:津吉麻致子・坂井藍

料金:チケット2回分

☀——————☀——————☀

ご予約はこちら

 

1年の締めくくり。今年はどんな年だったか、来年はどんなとしにしたいか。

すべてをリセットし、新たな自分で2020年をスタートさせましょう!